スマートフォン版を表示

2018/10/23

二重まぶた整形を受ける前に知っておきたい前知識

・一重で厚ぼったい、、、
・アイプチで無理やり二重を作っているが不自然、、、
・アイプチのやりすぎでまぶたがかぶれてしまった、、、
・二重になれば美人になれるのに、、、
・アイプチで二重にすると美人と言われる!
 
上記でお悩みのあなたには二重整形がおすすめです。
二重整形に関する知識をぜひ手術前に手に入れて、あなたの理想とする二重になりましょう。

①. 二重整形の種類

(1) メスを使わないで糸だけで二重を作る方法(二重埋没法)
(2) 糸とビーズで作る方法(ビーズ法)
(3) メスを部分的に使用する二重部分切開法(二重ミニ切開)
(4) 二重を全てメスでつくる方法(二重全切開法)
 
主にこの4つがあります。
作りたい二重の幅によってどの方法がいいのかが異なります。

②. 二重整形のそれぞれの特徴

(1) 二重埋没法の特徴

二重埋没法(プチ整形)は幅を広くとると不自然になりますので狭い二重をつくりたい方に向いてます。
 
施術後の腫れる期間(ダウンタイム)は、幅の狭い二重の場合は三日程度ですので、仕事の都合でダウンタイムが取れない方はこちらがおすすめです。
 
デメリットとしては、いずれ二重ラインが消失してしまうことです。
二重ラインが取れないように美容クリニックやドクターによってさまざまな工夫があります。

(2) ビーズ法の特徴

ビーズ法は、皮膚を切りたくはないけど糸だけだと二重がとれそうで不安な方に向いてます。
ただし、ビーズ法は目を閉じたときに傷跡が目立つという欠点があります。
またダウンタイムも1か月ほどと長いです。

(3) 二重部分切開法(ミニ切開)の特徴

部分切開法は全部をメスで切るのは抵抗があるけど、ちょっとならいいかな、という方に向いています。
全切開に比べ、皮膚を切る長さが短いため、ダウンタイムは10日くらいと短いです。

(4) 二重全切開法の特徴

二重全切開法は手術した後のハレとかより、最終的に綺麗で自然な二重になりたい!!という方に向いています。
 
「え!? 二重全切開は不自然な二重になるのでは???」
とお思いの方が多いですが、適切に二重全切開を行える医師は日本でも数少ないです。
適切に二重全切開を行えばこの中のどれよりも自然で綺麗な二重が作れます。

③.二重まぶた整形のカウンセリングを受ける前に知っておきたい前知識

二重整形前のカウンセリング当クリニックにご予約後、二重整形をする前に
行われるのがドクターによるカウンセリングです。
カウンセリングは理想の目を実現するための大切なステップ。
受ける前のポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

I. すっぴんで来院しよう

カウンセリング当日は、メイクをオフして来院しましょう。
二重整形を希望している人の中には、自分のすっぴんを他人に見られることに抵抗を感じる人もいるかもしれません。
しかし、カウンセリング中は専用の器具やパソコンを使用して、二重ラインのシミュレーションを行います。
シミュレーションをきちんと行うためにも、すっぴんでカウンセリングを受けるようにしてください。

II. 希望する二重ラインについて明確に伝える

最近のインターネットによる情報の普及で、あらかじめ手術方法を決めて来院される患者様も多くいらっしゃいます。
当院では患者さまの要望に応えられるように最善を努めておりますが、希望される二重、もともとの目や手術方法によっては、実現が難しい場合もあります。
そのため、カウンセリングでは手術方式よりも、自分のなりたい目のイメージを具体的に説明できるようにしておくことが大切になります。

III. なりたい二重ラインに関する資料を用意する

すでにこんな二重になりたいというイメージがある人は、資料を持参するのをおすすめです。
芸能人の写真でもいいでしょうし、普段アイプチを使用していて同じラインを希望している人は、自分の顔写真を用意すると担当の医師にイメージを伝えやすくなるでしょう。

IV. 医師のアドバイスも聞いてみる

二重整形を希望する多くの患者さまが、すでに理想の二重のラインについて具体的なイメージを持っているものです。
しかし、あえてカウンセリングを行う医師に、患者さまに似合う二重を聞いてみるのもひとつの方法。
特にきくな湯田眼科のドクターは眼に関するプロでもあります。
多くの症例を見てきた経験から、患者さまにぴったりの二重ラインをご提案させて頂きます。

V. まとめ

カウンセリングは、患者様の希望を医師に伝える大切な場です。
手術後に「イメージと違った」などという状況にならないためにも、湯田眼科美容クリニックでは一人一人の患者さまに対し、丁寧で納得のいくカウンセリングを行わせていただきます。