スマートフォン版を表示

2020/09/03

バレる?バレバレ二重整形跡の見分け方(悪用厳禁)

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「二重整形の悩み解決!」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重整形跡の見分け方を知りたいあなた
「友達が最近、すごいぱっちりした二重になった!二重整形したのか知りたい。あんなに綺麗になれるなら、バレないなら私もやりたいな・・・」

とお悩みではないですか?

そのようなお悩みをもつあなたに向けたコラムになりますが、ひょっとすると
「芸能人で二重整形しているかどうか知りたい。二重整形跡の見分け方を教えて欲しい。」
という、知りたがりのあなたにも、
今回のコラムはヒットしてしまったかもしれません。。。

もし後者であった場合、お願いがあります。
「どうか悪用しないでください。そして二重整形跡を見分けられても指摘しないであげてください。」

それでは、今回も
「ゆだクリッ」「ゆだくり」
のドクターユダが、本記事で下記の内容を解説します。

本記事のテーマ
「バレる?バレバレ二重整形跡の見分け方(悪用厳禁)」

この記事の信頼性
この記事を書いている私は、現役の美容外科医で、国際学会で受賞暦もあります。
また国内医学雑誌特集号にも執筆経歴があります。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
二重整形跡がばれないかどうかを知りたいあなたは、この記事を読めば、二重整形後に周りにバレないかどうか、またバレないようにする方法が分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

バレる?バレバレ二重整形跡の見分け方(悪用厳禁)

バレる?バレバレ二重整形跡の見分け方

バレバレ二重整形跡の見分け方は、目を閉じたときや下を向いたときに観察します。
理由は、「二重整形した跡」を見つけやすいからです。
それでは二重整形した跡にはどんなものがあるのでしょうか??

7つの二重整形跡

二重整形の跡は7つあります。

目を閉じたときの糸玉のような膨らみ
しこり
下を向いたときの不自然な食い込み
まぶたの凹み
傷跡
腫れ
内出血(青あざ)

以上の7つです。

見分けれる二重整形と見分けれない二重整形

見分けれる二重整形跡と見分けれない二重整形跡

二重整形には見分けれるものと、見分けれないものがあります。
見分けれない二重整形は、目を閉じても、下を向いたときも「二重整形の跡」が見つからないからです。
上手に手術をされていれば、目を閉じたときの糸玉のようなしこりや膨らみは見つかりません。
下を向いたときの凹みや傷跡も分からず、不自然な食い込みもありません。

二重埋没法は、糸玉のようなしこりや膨らみが残る方がいらっしゃいます。
しかし、上手に手術されていればほとんど分かりません。
二重切開法は、体質による個人差はありますが、傷跡がほとんど分からない方や食い込みがとても自然な方もいます。
美容外科医の手術の上手さと、体質に大きく左右されます。

二重整形には見分けれるものと、見分けれないものがあるのです。

二重埋没と二重切開、二重整形跡が残るのはどれ??

二重埋没と二重切開、どちらも二重整形跡が残ることはあります。

ただし、二重整形の跡がそれぞれ違います。
二重埋没法の場合は、糸玉のようなしこりや膨らみ
二重切開法の場合は、凹みや不自然な食い込み、傷跡

このような感じが多いです。

二重整形跡を見分けれても指摘しないように(重要)

二重整形跡を見分けれても指摘しないように(重要)

二重整形跡を見分けれても指摘しないほうがいいです。
理由は、二重整形をした方はほとんどの方が整形したのをバレたくないからです。
実際、カウンセリングにいらっしゃる多くの方が
「周りにバレたくないのですが・・・」
とおっしゃります。
それなのに
「あ!!二重整形の跡!!」
と指摘されればとても悲しくなります。

二重整形を見分けれても指摘しないようにしましょう。(重要)

二重整形跡がバレる原因は3つ

二重整形跡がバレる原因は3つあります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

二重幅が不自然

二重幅が不自然だと二重整形跡としてバレます。
理由は、二重幅が広いと二重整形跡が目立つリスクがはるかに高くなってしまうんです。
また生まれつきの二重ではありえない二重幅だと
「あの人、絶対二重整形してるよね?!」
とウワサされてしまうからです。

芸能人の方でも誰とは言えませんが、二重幅が不自然で
「整形してるだろうなー」
って方いますよね。

そしてじっくり観察すると、二重整形跡がばっちり残ってる方多いです。

やはり不自然な二重幅だと、二重整形はバレますし、疑われますね。

二重整形ダウンタイム中にバレる

二重整形ダウンタイム中(腫れている期間)は、やはり二重整形跡がくっきり残っていますので、バレてしまいます。

二重整形手術後後、数日は、腫れ・内出血・浮腫みなどが強く出ることがあるので、
明らかに瞼がいつもと違う様子になります。

そのため、正しいダウンタイム対策をしないと、周りにバレるリスクが高まってしまうんですね。

ダウンタイムがどの程度になるかは、二重整形の方法と、先生の手術の上手さ、個人の体質によって変わります。
腫れが落ち着くまでの期間はある程度余裕をもつのがいいでしょう。

二重整形ダウンタイム中に、二重整形をしたのがバレてしまうのは仕方のないことです。

二重整形の跡が残っている

二重整形の跡が残っていると、二重整形したのがまわりにバレてしまいます。

二重整形の跡は、先ほどご紹介した
目を閉じたときの糸玉のような膨らみ・しこり
下を向いたときの不自然な食い込み・まぶたの凹み
傷跡・内出血・腫れ
の7つでしたね。

このような跡は、普通の方にはないものなので
「あ!!あの人二重整形したんだ!!」
っとばれてしまうわけです。

二重整形の跡が残っていると、どうしてもバレてしまいます。

二重整形跡がバレないようにするには??

二重整形の上手い先生を選ぶ

二重整形跡がバレないようにするために一番大事なことは
二重整形の上手い先生をを選ぶことです。

理由は、上手な先生が手術をされれば、二重整形の跡が残らない、バレない二重を手に入れられます。

二重整形も上手に手術をされていると、目を閉じても
糸玉のような膨らみ・しこりや、下を向いたときの不自然な食い込み、まぶたの凹み・傷跡
上記の「二重整形の跡」はほとんど分からないことが多いです。

体質によっても二重整形跡は左右されますが、先生選びでバレないようにすることが可能です。
ですが「若干の二重整形の跡」は、観察できる可能性があります。

極力、二重整形の跡が残らないようにするには、手術の上手な先生を選ぶようにしましょう。
具体的にどうやって手術の上手い先生を選んだらいいか分からない方は下のコラムを参考にしてください↓

自然な二重幅を希望する

二重整形跡をバレないようにするには、自然な二重幅を希望するようにしましょう。
理由は、不自然に広い二重幅だと、二重整形したのがばれてしまうからです。
そうはいっても、理想とする二重幅が広めの方も大勢いらっしゃいます。
バレないようにするか、理想の幅を手に入れたいか
シーソーバランスです。
カウンセリングで先生とどちらをとるのかしっかり相談するようにしましょう。
周りにバレたくないあなたは、自然な二重幅を希望するようにしてください。

二重幅を狭めに・腫れる期間は余裕をもって・正しいダウンタイム対策を

二重幅を狭めに・腫れる期間は余裕をもって・正しいダウンタイム(腫れている期間のこと)対策をすると、周りに極力バレないように二重整形ができます。
理由は、二重幅が狭いと、それだけ腫れる期間は短いからです。
また腫れてしまったとしても、腫れる期間は余裕をもって考えておけば、人に会わないでいられるからです。
さらに正しいダウンタイム対策をとることで、極力ダウンタイムを短くすることができます。

二重整形後に、跡を見分けられるか不安な方は修正手術もあり

二重整形跡を見分けられるか不安な方は修正手術もあり

すでに二重整形を受けた方で、「二重整形の跡」があり、見分けれるか不安な方は修正手術もありです。
修正手術で「二重整形の跡」は目立たなくできる可能性があります。
二重埋没法後の、目をとじたときの糸玉のようなしこりやふくらみは、処置をすれば改善できる可能性があります。
二重切開した傷跡や凹みも、修正手術で改善できる可能性があります。

今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる