スマートフォン版を表示

2020/09/11

二重整形ダウンタイムはどれくらい?過ごし方~なしにする方法まで徹底解説!!

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「二重整形の悩み解決!」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重整形ダウンタイムはどれくらい?過ごし方~なしにする方法まで徹底解説!!

二重整形のダウンタイムが心配なあなた
「二重整形ダウンタイムが心配・・・どうやって乗り切ったらいいんだろう・・・」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういった疑問に答えます。

この記事は、こんな悩みをもつあなたに向けて
「二重整形のダウンタイムがどれくらいなのか心配なあなた」
「二重整形のダウンタイムをどうやって過ごせばいいのか心配なあなた」
「二重整形のダウンタイムをなしにしたいあなた」
「二重整形のダウンタイムって一体何のことか分からないあなた」
「二重整形のダウンタイムを実際に手術を受けた写真を見て知りたいあなた」

上記でお悩みのあなたは、この記事を読めば悩みが解決することでしょう。

本記事のテーマ
「二重整形ダウンタイムはどれくらい?過ごし方~なしにする方法まで徹底解説!!」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
国内医学雑誌特集号にも「まぶたの美容整形手術について」執筆している専門家です。
二重整形のダウンタイムに関しては専門家です。
(著者プロフィールへ)

目次

二重整形ダウンタイムはどれくらい?過ごし方~なしにする方法まで徹底解説!!


二重整形ダウンタイムはどれくらいなのか?過ごし方からなしにする方法まで、現役の美容外科医ユダが徹底解説してまいります。
この記事は
「二重整形ダウンタイムって一体なんのこと??」
と思ってらっしゃる読者さまへにも向けて丁寧に解説していきますのでゆっくりお付き合いくださいね。
それではまいります。

そもそも二重整形ダウンタイムとは??


そもそも二重整形ダウンタイムとは、二重整形後の回復期間のことです。

二重整形については、ほとんどの方がお分かりでしょう。
ですが、二重整形ダウンタイムとは、一体なんのことかよく分からない方もいらっしゃいます。

二重整形は
二重になる、または二重の幅を広げたり、狭めたり、二重のカーブを変えたりする美容整形手術のことです。

ダウンタイムとは
down time
と表記しますが
down:悪い状態のこと
time:期間 時間

つまり
down timeとは、「悪い状態の期間」ということです。

悪い状態ってなに??
とお思いの方をいらっしゃるでしょう。

悪い状態というのは
美容整形手術を受けると、手術したところが腫れたりむくんだりして、とても元気いっぱいには見えない状態になります。
とてもじゃないけど元気いっぱいには見えない状態を、悪い状態というのです。

まとめると
二重整形ダウンタイムとは、「二重整形手術をした後、とてもじゃないけど元気いっぱいには見えない状態の期間」
をいうのですね。

二重整形ダウンタイムには2種類ある??


二重整形ダウンタイムには2種類あります。
理由は、二重整形そのものに2種類あるからです。

二重整形には
①糸を埋め込む二重整形埋没法
②皮膚を切る二重整形切開法
の2種類があります。

二重整形の種類によって、ダウンタイムも違います。
理由は、二重整形の種類によって、まぶたが受けるダメージが違うからなのです。
そのため、二重整形ダウンタイムも2種類あるわけなのです。

二重整形埋没法のダウンタイムは1週間~1ヶ月

二重整形埋没法のダウンタイムは1週間~1ヶ月です。
理由は、湯田眼科美容クリニックで実際に手術を受けた方のインタグラム投稿写真でご覧頂ければ分かると思います。
インスタグラム投稿写真をお見せするのは「とてもリアルなダウンタイム」が分かるからです。
まずはお一人目


いかがでしょうか??
手術して3週間後には元気いっぱいに見えると思います。

次にお二人目


1ヶ月後には元気いっぱいに見えますね!

三人目


1週間後にはすでに元気いっぱいに見えますね!!

ただし、二重整形埋没法のダウンタイムは人によって違いますのでご注意ください。
理由は、まぶたが腫れやすい方は、ダウンタイムも長くなるからです。

とはいえ、ほとんどの方は、二重整形埋没法のダウンタイムは1週間~1ヶ月だということが分かると思います。

二重整形切開法のダウンタイムは1ヶ月くらい

二重整形切開法のダウンタイムは1ヶ月くらいです。

まずはお一人目から


1か月もすると元気いっぱいにみえますね!

お二人目

やはり1ヶ月くらいですね!

三人目

やはり1ヶ月ですね!!

たしかに1ヶ月くらいですが、体質によっては長くかかる方もいらっしゃいますので注意が必要です。

とはいえ、二重整形切開法のダウンタイムは1ヶ月くらいだとお分かり頂けるでしょう。

二重整形ダウンタイムは埋没法の方が切開法より短い理由


二重整形ダウンタイムは二重埋没法の方が二重切開法より短い理由について
二重切開法は、皮膚を切るため、埋没法に比べ炎症が強く起きるからです。

ただし、下手な先生が二重埋没法をやるより、上手な先生が二重切開法をやったほうがダウンタイムが短いことはよくあることです。
実際、当院にいらっしゃった方で、以前に他院で二重埋没法をした後に、二重切開法を希望される方がいらっしゃいますが
手術後に
「前の二重埋没法より腫れませんでした!!びっくり!!」
というお声も珍しくありません。

ですが、基本的には、二重埋没法の方が、ダウンタイムは短いです。

二重整形ダウンタイム中の過ごし方


二重整形ダウンタイム中の過ごし方を、実際にお客様が工夫している様子をお伝えしていきます。

手術後1週間はお風呂を極力控え、ぬるめのシャワー


お風呂は極力控えてシャワーをぬるめが良いです。
理由は、温かいお湯で体が温まると、腫れが引かず、場合によっては血が出てきてしまうことがあるからです。
実際、当院で手術を受けた方で、温かいシャワー後に血が出てきてしまった方がいらっしゃいます。
かといって、シャワーをあびて清潔でいないと、傷口にバイ菌が入ってしまいます。
手術翌日からぬるめのシャワーを頭から浴びていただくのが良いです。
傷口もそっとシャワーをかけてください。

サングラスをかけて過ごす


サングラスを手術後からかけて過ごす方が非常に多いです。
サングラスをかけてしまえば、ダウンタイム中でも人目を気にする必要がありません。
湯田眼科美容クリニックでも、手術日にサングラスをご持参いただくようにお伝えしています。
ただし、普段からサングラスをあまりしない方は
「どうしたの?いきなりサングラスして・・・」
と友人に指摘されてしまうかもしれません。
場合によっては親しい方には会わないようにする必要があるかもしれませんね。

メガネをかけて過ごす


メガネをかけて過ごす方も多いですね。
サングラスほどまでは隠れませんが、メガネをかければあまりダウンタイム中のまぶたは結構ごまかせます。
サングラスをかけると周りに逆にじろじろ見られてしまいまそうな場合は、メガネくらいがいいでしょう。

ただし、普段からメガネをあまりしない方は
「いきなりメガネかけてどうしたの??」
とじろじろ見られてしまう可能性もあります。

手術前からメガネをかけておくとよりいいカモフラージュになるでしょう。

前髪は上げるか分ける


前髪は上げるか分けるようにしましょう。
まぶたを隠そうと、前髪を下ろすかたがいらっしゃいますが良くないですね。
理由は、髪の毛からまぶたにバイ菌が入り、ダウンタイムが長引いてしまうからです。
隠したい気持ちは痛いほど分かりますが、しっかり前髪を上げるか、分けるようにしてください。

人に会わないにように過ごす


人に会わないにように過ごす方も非常に多いです。
自宅でDVDをみたり、ゲームをしたり、読書したり、在宅ワークを希望されたり。
このコロナ期間だからこそ有効にできる方法といえます。

ただし、人に会わないように家で寝てばかりいると、まぶたの腫れが長引いてしまいます。
少しくらいの買い物や散歩は健康に良いですので、寝てばかりは禁物です。

とはいえ、人と会わなければ気にする必要がありませんのでおすすめではあります。

寝すぎない


二重整形ダウンタイム中は寝すぎないようにしてください。
理由は、寝すぎるとまぶたの浮腫みが長引くからです。
睡眠時間は7.5時間がベストです。

まくらは高めに


ダウンタイム中は、まくらを高めにするのが良いです。
理由は、頭が高い位置にあると、まぶたの浮腫みが取れないからです。
ただし、まくらを高くすると首がいたくなったりする方は無理は禁物です。
自分に合った範囲で、まくらを高めにするといいでしょう。

運動は控える


運動は控えてください。
理由は、運動をすると、体が温まり、炎症が長引くからです。
また、傷口の安静が保てず、傷の治りも悪くなります。
とはいえ、寝てばかりも健康によくありません。
散歩や買い物くらいの軽度な動作にとどめましょう。

お酒は控えめに


お酒は控えめがよいです。
理由は、お酒を飲むと血流がよくなり、炎症が長引くからです。
また浮腫みがなかなか取れないからです。
またお酒を飲むとつい、動いてしまうもの。
傷口の安静が保てず、傷の治りが悪くなります。
ダウンタイム中は、お酒は控えめにしましょう。

二重整形ダウンタイムをなしにする方法


二重整形ダウンタイムをなしにする方法についてです。
非常に残念ですが、二重整形ダウンタイムをなしにする方法はありません(汗)。
ですが極力短くすることは可能です。
では具体的にどうすればいいのでしょうか?
くわしく見てまいりましょう。

希望する二重幅を狭くする


二重整形ダウンタイムは、希望する二重幅が狭いほど短いです。
理由は、睫毛(まつげ)からの距離が短いほど、まぶたへのダメージが軽くなるからです。
お仕事などでダウンタイムがあまり取れない方は、二重幅を狭く希望するといいでしょう。

上手い先生に手術してもらう


二重整形ダウンタイムは、手術が上手な先生が手術すると短いです。
理由は、手術が上手な先生は、まぶたへのダメージが少ない手術をするからです。
手術の上手い先生はの探し方のおすすめは、インスタグラムです。
こちらに詳細がありますので参考にしてください。

正しいアフターケアをする


二重整形ダウンタイムは、アフターケアで短くなります。
どのようなアフターケアがあるか見ていきましょう。

二重整形ダウンタイム中の正しいアフターケア

まぶたを極力さわらない・こすらない


二重整形ダウンタイムで一番重要なことは、
傷を極力さわらないで、こすらないようにすることです。
理由は、傷をさわったり、こすったりすると、いつまでたっても炎症が治らないからです。
極力さわらないように気をつけていただくと、おどろくほど早く傷はなおっていきます。
ですが、一部のお客様は、仕上がりが気になり、まぶたを沢山さわってしまいます。
すると、いつまでたってもダウンタイムは短くなりません。
まぶたを極力さわらないように気をつけましょう。

手術後に3日間濡れたタオルで冷やす


手術後に3日間濡れたタオルで冷やし、手術後の炎症を抑えることができます。

湯田眼科美容クリニックでは、手術後リカバリールームでまぶた専用の冷却アイテムで冷やしております。

手術後どれくらいまで冷やすか??よく聞かれます。
最低でも3日間は冷やすようにしましょう。

3日後からは、冷やす必要はありませんが、「温めないように」注意しましょう。
理由は、温めると、血が出てくることがあります。
場合によって、腫れが長引いてしまった場合は、1週間くらい冷やすのが良いです。

ただし、冷やしすぎは禁物です。
理由は、冷やしすぎると血流が悪くなり、傷の治りが悪くなるからです。
また、まぶたの脂がつまりやすくなり、ものもらいになったりするからです。
大切なのは適度に冷やすこと。
手術直後は、炎症が強いので専用の冷却アイテムで冷やしますが、帰宅後は濡れタオル程度でかまいません。

手術後に軟膏を塗る


手術後に軟膏を塗り炎症を抑えることができます。
湯田眼科美容クリニックでは、眼科提携ならではの専用の軟膏をお渡ししております。
当院では、1週間、炎症を抑える軟膏をぬって頂いております。
1週間後以降は、傷口をきれいにする軟膏に切り替えさせて頂きます。

二重整形ダウンタイムの調べ方


二重整形ダウンタイムについて詳しくなったあなたは、実際どのくらいなのか写真などでもっと知りたいと思うでしょう。
具体的な二重整形ダウンタイムの調べ方について解説して参ります。

二重整形のダウンタイムの様子はインスタグラムで調べるのがおすすめ


二重整形のダウンタイムの様子はインタグラムで調べるのが良いです。
理由は、お金もかからないし、簡単だし、いろいろな人のダウンタイムがリアルタイムで投稿されているからです。

湯田眼科美容クリニックで二重整形を受けた方も沢山、二重整形のダウンタイムをリアルタイムで投稿してくださっています。
実際、当院にカウンセリングにお越し頂いた際
「二重整形のダウンタイムを教えてください」
といわれた際は、インスタグラムでダウンタイムを紹介しております。

もちろん、インスタグラム以外でも、二重整形のダウンタイムは調べることができます。
順にご紹介しましょう。

二重整形のダウンタイムをブログで調べる


二重整形のダウンタイムはブログでもみることができます。
ただし、「アフィリエイト」といって、そのブログはどこかの美容クリニックの隠れた広告であることが非常に多いです。
また、ダウンタイムの写真もそれほど多くはありません。
ですので、あまり参考にはならない可能性があります。

ただし、ひとつのダウンタイムの参考にはなると思います。

二重整形のダウンタイムをホームページで調べる


二重整形のダウンタイムは美容クリニックのホームページなどにも掲載されていることがあります。
ただし、ほとんどがビフォーアフターのみで、腫れている写真はほとんど掲載されていません。
作業効率を考えると、あまり参考にならない可能性が高いです。

二重整形のダウンタイムを口コミサイトで調べる


二重整形のダウンタイムは口コミサイトでも調べることができます。
ただし、口コミサイトは実は美容クリニックが運営元だったりします。
また、キレイな写真ばかりで、リアルなダウンタイムを知るのはなかなか難しいと思います。

二重整形のダウンタイムを口コミアプリで調べる


二重整形のダウンタイムは口コミアプリでも調べることができます。
ある程度、写真もあるので参考になると思います。
ただし、口コミアプリの運営元も美容クリニックである可能性がありますので注意は必要です。

二重整形のダウンタイムを調べるのは、やっぱりインスタグラムが簡単


二重整形のダウンタイムはやっぱりインスタグラムで調べるのが簡単です。
登録も無料ですし、二重整形ダウンタイムの様子は沢山あります。
また多くのアカウントがリアルタイムに投稿されていることが多いです。

ダウンタイムだけでなく、美容クリニック名・ドクター名・アフターケアの様子・術後の不安などもコメント欄で知ることができますので、非常に参考になります。
また、インスタグラムの運営は、当然美容クリニックではありませんので、ある美容クリニックに肩入れすることはできません。

二重整形のダウンタイムはやっぱりインスタグラムで調べるのが簡単です。

二重整形ダウンタイムは、人によって大幅な差


二重整形ダウンタイムは、人によって大幅な差があります。
調べれば調べるほど、大幅に違うことが分かることでしょう。
先にご紹介しました
①上手な先生
②アフターケア
③希望する二重幅
によっても当然左右しますが、一番の原因は体質ともともとのまぶたの厚さによってもダウンタイムは大幅に変わります。

二重整形のダウンタイムはまぶたが薄い方は短い


二重整形のダウンタイムはまぶたが薄い方は短いです。
逆にあつぼったい方は、ダウンタイムが長くなります。

理由は、厚ぼったい方は、炎症が長引きやすいからです。
生まれ持ったまぶたの厚ぼったさは、手術である程度よくすることが可能ですが、ダウンタイムは少し覚悟したほうがいいでしょう。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる公式 湯田ちゃんねる