スマートフォン版を表示

2019/10/18

二重切開と二重埋没法、どっちがいいの??

二重整形カウンセリング時にご説明する内容を今回のコラムでは紹介していきたいと思います。

「二重切開と二重埋没法、どっちがいいのか??」

お客様のご要望によって、どっちがいいかは異なります。

①仕事上休めず、腫れるのは困るあなた
通常は二重埋没法をおすすめします。
しかし、片目を眼帯で隠せるのでしたら、片目ずつ二重切開するという方法もあります。
腫れが落ち着いたら、片側をまた手術します。

②永久的な二重になりたいあなた
二重切開法をおすすめします。
二重埋没法はどんな方法であれ、永久的な方法はありえません。
永久保証などのうたい文句にだまされないように注意が必要です。
二重埋没法は3回までにしてください。
4回以上はまぶたや目のダメージが大きくなり、おすすめできません。

③できる限り自然な二重になりたいあなた
もともとのまぶたの厚みによっておすすめする手術は変わります。

まぶたが薄いあなたは、二重埋没法がよいでしょう。
二重埋没法は目を閉じても傷跡が残らないため自然な二重になりやすいです。

まぶたが厚いあなたは、二重切開法がよいでしょう。
まぶたをすっきりさせるには脂肪を取り除かなければいけません。
傷跡は残りますが、極力目立たないように丁寧に縫えば、傷跡はかなり綺麗になります。
多くの美容クリニックでは脂肪切除に追加料金が上乗せされますが、湯田眼科美容クリニックでは無料になります。

またご希望の二重幅は広すぎないほうがいいでしょう。
二重幅を広くすると、不自然になるリスクがどちらも跳ね上がります。
どのくらいの二重幅で不自然になるかは、人によって異なります。
まぶたが厚い方は、ちょっと二重幅を広げるだけでもかなり不自然になることがあります。
まぶたが薄い方は、かなり二重幅を広げても、自然な二重になります。

④目にやさしい手術を受けたいあなたへ
二重埋没法は、糸が原因で目に障害をもたらす可能性があります。
二重切開法の方が実は目にはやさしいです。

⑤幅広い二重が欲しいあなたへ
二重切開法がいいでしょう。
幅広い二重を埋没法でつくるには限界があります。
まぶたが薄い方は埋没法でおつくりできることもありますが
ほとんどの方は困難です。
二重切開で幅広い二重をつくるには挙筋腱膜(きょきんけんまく)というまぶたをあげる筋肉の一部を手術する必要があります。
多くの美容クリニックでは眼瞼下垂手術(がんけんかすいしゅじゅつ)の料金を上乗せして請求するところがほとんどですが、当院では無料でおこなっております。