スマートフォン版を表示

2019/12/26

二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。


二重整形後の糸玉が気になるあなた「二重整形したいけど目を閉じると糸玉がポツってなるらしい・・・いやだなぁ・・・」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ
「二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
国内医学雑誌特集号にも「まぶたの美容整形手術について」執筆している専門家です。
二重整形は毎日手術しております。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
二重整形後の糸玉が気になるあなたは、この記事を読めば「二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。」と分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

目次

  • 1.二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。
  • 2.裏からやる切らない二重整形は眼科医泣かせ・・・
  • 3.二重整形は表からやっても糸玉が目立つことはほとんどありません。
  • 4.二重整形は表からやるようにしましょう

1.二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。

二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。
一部の美容クリニックでは
「糸玉がでないように、まぶたの裏から二重埋没法をやります!!」
とうたっているクリニックがあります。
しかし、まぶたの表から二重埋没法をおこなっても、ちゃんとしたやり方でやれば糸玉が目立つことはほとんどありません。

二重整形後に糸玉が目立つ場合は、糸玉が浅いところにあるのが原因です。
糸玉を深い層に埋め込むことで、糸玉が目立つ心配はほとんどありません。

まれに、バイ菌がはいって膨らんでいることもありますが、この際は処置をすれば治ります。

二重整形後に糸玉が目立つことはほとんどありません。

2.裏からやる切らない二重整形は眼科医泣かせ・・・

裏からやる切らない二重整形は眼科医泣かせです。
理由は、まぶたへのダメージが強いし、トラブルがあった際に、抜糸が非常に難しいからです。

二重整形後、バイ菌が入ってしまったり、元のまぶたに戻りたいときに、糸を抜くことがあります。
その際に、裏からやる切らない二重整形は、糸玉が深すぎるところにあり、非常に抜糸困難です。

通常の表からやる二重整形に比べ、リスクが高いのでおすすめしません。

確かに、表を一切切らないので、二重整形直後から化粧もでき、また腫れも少ないことから人気の二重整形です。
ですが、眼科医としては決しておすすめできません。

裏からやる切らない二重整形は眼科医泣かせです。

3.二重整形は表からやるようにしましょう

裏側からやる二重整形は、眼科医としてはおすすめできないので、二重整形は表からやるようにしましょう。
二重整形を表からやっても糸玉が目立つことはほとんどありません。
裏側からやる二重整形は、眼科医としてはおすすめできないので、二重整形は表からやるようにしましょう。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる