スマートフォン版を表示

2019/12/21

二重整形の手術や抜糸は痛い?痛くない?!(ズバリ解説)

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重整形の手術や抜糸は痛い?痛くない?!(ズバリ解説)

二重整形は痛いのか心配なあなた「二重整形したいけど、痛いのはやだな…痛いの?痛くないの?どっち??」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ
「二重整形の手術や抜糸は痛い?痛くない?!(ズバリ解説)」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
国内医学雑誌特集号にも「まぶたの美容整形手術について」執筆している専門家です。
他院で行われた二重整形手術の修正も得意です。
また一般眼科診療もおこなっており、二重整形後の後遺症治療も専門としています。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
二重整形の手術や抜糸が痛いのか心配なあなたは、この記事を読めば「二重整形の手術や抜糸が痛いのかどうか」が分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

二重整形は痛い?痛くない?!(ズバリ解説)

二重整形は麻酔を工夫すれば大して痛くない

二重整形は、麻酔を工夫すれば大して痛くありません。
麻酔の方法によって、痛みは大分変ります。

まず麻酔液を痛くないように工夫する必要があります。
具体的には、麻酔駅のpHを体液のpHに薬液(メイロン)を適切な量を加え、特殊調合します。
そうすることで、麻酔時の痛みを極力抑えることができます。

痛みに弱い方はガス麻酔(通常、笑気麻酔)を部分麻酔の前に使用することで、部分麻酔の痛みをさらに抑えることができます。

もっと怖がりさんの場合は、静脈麻酔を使用すると、眠っている間に二重整形が終わりますので、まったく痛くありません。

最初の麻酔さえ聞いてしまえば、二重整形の手術自体は全く痛くありません。
ただし、麻酔にもドクターによって、上手か下手かがあります。

当院に二重修正でいらっしゃる方も、
「前回の二重整形より痛くなかった!!」
とおっしゃっていただけます。

二重整形は麻酔を工夫すれば大して痛くありません。

二重整形は手術が上手であれば大して痛くない

二重整形は手術が上手であれば大して痛くありません。
手術が下手だと、まぶたのいろいろなところにダメージを加えてしまうため
まぶたが傷だらけになってしまい、二重整形後、
「まぶたが痛い…」
となってしまいます。

二重整形は手術が上手であれば大して痛くありません。

二重整形の抜糸は顕微鏡を使えば大して痛くない

二重整形の抜糸は、顕微鏡を使えば大して痛くありません。
顕微鏡を使わないと、傷をさわりながら抜糸するので痛いです。
また、傷の治りが悪くなるので痛いです。

顕微鏡を使って抜糸をすると、傷に極力触れずに抜糸ができるため
二重整形の抜糸は大して痛くありません。

二重整形の抜糸は顕微鏡を使っているクリニックを選ぶのがおすすめです。

二重整形は、麻酔・手術・抜糸とも良いクリニックで行えば大して痛くない

二重整形は、麻酔・手術・抜糸とも良いクリニックで行えば大して痛くないことがお分かりいただけたと思います。
麻酔や手術が上手な美容クリニックを選びましょう。
また顕微鏡設備がある美容クリニックがおすすめですね。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる