スマートフォン版を表示

2020/03/02

二重整形後の罪悪感について。

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重整形後の罪悪感について。

二重整形は、多くの方がご満足いただける素晴らしい美容整形です。
ですが、二重整形後の罪悪感で悩んでいる方がまれにいらっしゃいます。

今回も「ゆだくり」「ゆだクリッ」のドクターゆだが詳しく解説して参ります。

本記事のテーマ:「二重整形後の罪悪感について。」

このサイトの信頼性:このサイトを作成している私は、美容外科医・形成外科医(日本形成外科学会認定)です。
2017年のMEVOS美容整形国際学会では一流美容外科医のトロフィーを受賞しました。
目周りの医学雑誌特集号の執筆経験もあります。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ:この記事を読めば、二重整形後の罪悪感について分かります。

それでは参りましょう。

二重整形後の罪悪感について。

二重整形の罪悪感についてお話します。
二重整形後に罪悪感を感じる方は1万人に1人の割合ですので、ほとんど気にする必要がないのが実情です。
しかし、非常に稀れではありますが、罪悪感を感じる方はいらっしゃいます。
どんな罪悪感があるのでしょうか?

「整形をした」という罪悪感

最近では、美容整形は多くの方がやっているので、整形したことを恥ずかしく思う必要はなくなってきます。
しかし、ごく一部の方は、いまだに「整形」に対して偏見を持っている方もいます。
そのため「整形」は恥ずかしいこと、人には言えないこと、と考えてしまうと、罪悪感を抱いてしまいます。
整形したことをオープンにできる方には無縁の話ですが、整形したことを内緒にしたい方は大勢いらっしゃいます。
整形したことを内緒にしたいあなたは
「整形をした」という罪悪感を抱かないかどうか1度自分自身と向き合う必要があります。

「本当の自分ではない」という罪悪感

整形をした=本当の自分ではない
と心の弱い方は感じてしまいます。

本当の自分ではないと感じる必要は全くありませんが、心が弱い方はどうしてもそのように感じてしまいます。
そのような感情が抱きそうであれば、整形は思いとどまったほうがいいでしょう。

「二重整形して不自然になった」ことへの罪悪感

二重整形は多くの方がご満足されますが、それでもリスクを伴います。
理想通りにならなかったり、左右差ができてしまったり。
二重整形後の形に満足できず、やはり元に戻したい・・・
と思う方も少なくありません。
二重埋没法であれば、元に戻すことができますので(瞼板法の方が良いです。挙筋法はおすすめしません)
まずは二重埋没法を検討されるといいでしょう。

「これから生まれてくる子」への罪悪感

これから生まれてくる子は、以前の自分に似た子が生まれてくるので、そのことへの罪悪感を感じてしまう方もいらっしゃいます。
受け入れるしか方法がありません。。。

二重整形をする前にしっかり自分と向き合いましょう

二重整形をする前にしっかり自分と向き合いましょう。
二重整形後、非常に稀れではありますが、罪悪感にさいなまれる方もいらっしゃいます。
二重整形をする前に、自分は大丈夫か、しっかり向き合う必要があります。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる