スマートフォン版を表示

2020/08/09

二重整形選び方 簡単違い表

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「二重整形の悩み解決!」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重整形は二重埋没法と二重切開法があります。
どちらがいいのかは、お客様が何を求めるのか?によって変わってきます。
表を参考にして、どちらの方法が自分に合っているのかを考える参考にしてください。

※1 まつ毛からの距離5.5mmの場合です。二重幅を狭めると短くなり、広げると長くなります。1mm違うだけで1.5倍くらい変わります。
※2 まつ毛からの距離5.5mmの場合です。二重幅を狭めると短くなり、広げると長くなります。1mm違うだけで1.5倍くらい変わります。
※3 下手な先生がやると糸玉が見えることがあります。
※4 体質により大きく異なります。早い方では1ヶ月もすると目立たなくなる方もいます。3年はどんどんきれいになっていきます。
※4 まつ毛からの距離が6mm以上の場合、傷跡が目立つリスクが上がります。
※5 埋没法である以上は、どんな方法であっても永久であることはありません。長持ちして10年くらいです。
※6 二重切開法は基本的に永久ですが、非常に稀にとれてしまう方がいらっしゃいます。100人に1人ほどです。
※7 二重埋没法後に目のゴロゴロが治らない方がいます。糸を抜いても治らないことも。100人に1人ほどです。
※8 二重埋没法後、すこし内出血することがあります。
※9 二重切開後の内出血はよくあります。完全に消えるまで1ヶ月くらいかかります。その間はメイクやメガネを。