スマートフォン版を表示

2019/12/16

二重整形のアフターケアの方法(詳しく解説します。)


二重整形のアフターケアの方法を知りたいあなた「二重整形をする予定なんだけど、手術した後のアフターケアの仕方が不安・・・気をつけたほうがいいことってあるの?普通に仕事できるのかな??」

とお悩みではないですか?

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、本記事で下記の内容を解説します。

本記事のテーマ
「二重整形のアフターケアの方法(詳しく解説します。)」

この記事の信頼性
この記事を書いている私は、現役の美容外科医で、国際学会で受賞暦もあります。
また国内医学雑誌特集号にも執筆経歴があります。
二重整形はほぼ毎日手術しております。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
二重整形のアフターケアの方法を知りたいあなたは、この記事を読めば、アフターケアの方法が分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

1.二重整形のアフターケアの方法

傷口には軟膏を塗る

二重整形して傷口がある場合は、軟膏をぬりましょう。
クリニックによっては特別な軟膏を出すところがありますので、用法用量をまもってください。
処方されていない場合は、薬局などで白色ワセリンやプロベト、プラスチベースを塗りましょう。
ただし、軟膏を塗って紫外線をあびるのは禁物です。
サングラスなどで紫外線はカットしましょう。
どうしても紫外線が当たってしまう場合は、家にいる間だけ軟膏を塗りましょう。
軟膏を塗ることで、傷口が早く治ります。
また赤みも早く引きます。

温めない

まぶたが腫れている間は冷やすようにしましょう。
冷やすことで炎症が早く落ち着きますので、まぶたの腫れが大したことなくても5日くらいは冷やすようにしてください。
入浴やシャワーは大丈夫ですが、水温はぬるめにしてください。
シャワーといえど、温かいシャワーだと、体が温まり、「急激に腫れてきた!」とお問合せがあったお客様がいらっしゃいました。

コンタクトレンズの着用

二重埋没法の場合:すぐに着用しても問題ないですが、7日くらいはメガネで過ごしたほうが良いでしょう。
二重切開法の場合:すぐに着用しても問題ないですが、傷を少しでもきれいにしたいのでしたら、1か月くらいはメガネで過ごしたほうが、傷にはやさしいです。

お化粧

二重埋没法の場合:目周りのお化粧は3日目くらいからにしましょう。
二重切開法の場合:目周りのお化粧は抜糸が終わった後、3日目くらいからにしましょう。
抜糸は通常7日目ですので、手術後10日以降がよいでしょう。

こすらない

こすると炎症や腫れが長引いたり、ばい菌が入る可能性もあります。
二重切開法の場合だと、傷が開いてしまったり、傷が汚くなります。
花粉症やアレルギーで、目をよくこすってしまう方は、アレルギーのお薬をしっかり飲みましょう。

枕を高くする

寝るときは枕を高くしましょう。
まぶたのむくみが取れやすくなります。

炎症を抑える薬をもらう

クリニックによっては炎症を抑える薬をもらえます。

炎症を抑える注射をする

クリニックによっては炎症を抑える注射をすることがあります。

眠りすぎない

睡眠時間が8時間を超えるとむくみやすくなります。
7時間ぐらいの睡眠がいいでしょう。

今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる