スマートフォン版を表示

2021/01/03

パニック障害でも二重整形は可能か?ゆだくりが詳しく解説。

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「二重整形の悩み解決!」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール


パニック障害で二重整形をしたいあなた
「パニック障害だけど二重整形できるのか教えてほしい」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういったお悩みに答えます。

この記事は、こんな悩みをもつあなたに向けて
「パニック障害でも二重整形はできるのか?」

上記でお悩みのあなたは、この記事を読めば悩みが解決することでしょう。

本記事のテーマ
「パニック障害でも二重整形は可能か?ゆだくりが詳しく解説。」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
国内医学雑誌特集号にも「まぶたの美容整形手術について」執筆している専門家です。
二重整形に関しては専門家です。
(著者プロフィールへ)

パニック障害でも二重整形は可能か?ゆだくりが詳しく解説。


パニック障害でも二重整形は可能か?ゆだくりが詳しく解説します。
結論からいうと
「パニック障害でも二重整形は可能です。」
ただし「対策」が必要になります。

対策をきちんと立てれば、パニック障害でも、二重整形は可能だからです。
実際多くの、パニック障害の方が ゆだくり にも来院されます。
対策をきちんと立てて、皆様無事に二重整形の手術を受けてらっしゃいます。

対策を立てないと、一部のパニック障害の方は手術中に
パニックを起こされ
手術が中断してしまったことも実際ございます。

けれど、しっかり対策を立てれば全く問題ありません。

対策とは??


対策とは
麻酔方法を工夫することです。
おすすめは、「静脈麻酔」です。
静脈麻酔を使用すると、完全に眠った状態で手術をうけることができます。

眠ってらっしゃいますのでパニックを起こされることも全くありません。

パニック障害で二重整形をしたい方は静脈麻酔がおすすめ


パニック障害で二重整形をしたい方は静脈麻酔がおすすめです。
静脈麻酔で完全に眠ってしまうことで、手術中に発作が起きることはないからです。
実際、ゆだくりでも、多くのパニック障害の方が静脈麻酔で二重整形を無事に受けられております。
静脈麻酔代は5万円余計にかかってしまいますが、パニック障害の方にはおすすめです。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる公式 湯田ちゃんねる