スマートフォン版を表示

2018/10/11

シミ治療で知っておきたい前知識

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール


シミ治療で知っておきたい前知識
 
お顔のしみのせいで実際の年齢より老けて見える、、、
 
そんなお悩みのあなたに、しみ取りについて現役の美容外科医であるドクター湯田が口コミなどでは得られない情報をプロならではの視点からお伝え致します。

しみ取りはどんな方法がある?

インターネットなどで検索すると、シミ取り化粧品などがあり本当か心配、、、
お客様からそのようなお声をよく頂戴します。
実際シミ取り化粧品でシミが取れるのでしょうか?
答えは「まず無い。」です。
私たち美容クリニックではしみ取りを塗り薬で行おうとすると2つの塗り薬を使っていくのですが
とても濃度の濃いお薬です。
それを使っても1ヶ月単位で少しずつ薄くなります。
当然市販の塗り薬は濃度がかなり薄いものです。
効果はほとんど期待できないでしょう。
 
美容クリニックで行われているシミ取りにどんな治療があるのかご紹介してきます。

シミレーザー

一番強力な治療がやはりシミ取りレーザーになります。
よく、「光治療とレーザーは何が違うんですか?」
とお客様から聞かれますが、レーザーは光治療の一種です。
たくさんある光治療の中の一つなのです。

かなり難しい話になるのでこのお話は別のコラムでお伝え致します。

しみ取りレーザーは強力ですが、副作用もあります。
たまにシミが一時的に悪化することがあります。
これはレーザー治療後の炎症後色素沈着(えんちょうごしきそちんちゃく)といいます。
体質によりレーザーによるダメージでシミが濃くならことがあるのです。

通常半年かけてゆっくり治っていきます。

シミ光治療(フォトフェイシャル・フォトシルクプラス・M22・オーロラ・ライムライトなど)

シミレーザーをマイルドにしたものとお考え下さい。
いろんな光を調節することによって、美肌効果などを上乗せすることができます。

シミ取りレーザーは強力ですが副作用がこわい、、、
そのような方には一番おすすめできます。

しみ光治療には様々な機械があります。

また同じ機械でも、機械の設定によって効果は様々です。

シミ取り塗り薬

先ほど軽くお伝えしましたが、塗り薬によるシミ取りです。
美容クリニックで使われる塗り薬は2種類です。

ハイドロキノンクリーム

しみの漂白剤といわれている、ハイドロキノンです。
ハイドロキノンという粉を、美容クリームに混ぜて作ります。
ハイドロキノンを注文する業者さんによってその効果はわずかながら異なるようです。

当院では美容外科医の間でも評判の良いところからハイドロキノンの原料から取り寄せて院内で調合(ちょうごう)しております。

ハイドロキノンクリームは体質によっては赤くなることがあります。
赤みが強くなってきたらお薬を塗るのを休んでください。

赤みが治ったらまた再開しましょう。

トレチノイン

肌のむける作用(ピーリング効果)を利用する治療法です。
浅いしみであれば皮がむけた時にしみも一緒に取れます。
ピーリング効果でお薬の浸透が良くなるのでハイドロキノンと組み合わせて使うクリニックが多いです。

やはり塗りすぎると赤みや痛みがでることがあります。
その場合はお休みしましょう。

美白点滴

トラネキサム酸やグルタチオンなどの美白成分を点滴に組み合わせることにより体の内側からシミを予防していきます。
長い目でみるとおすすめではありますが即効性は期待しないで下さい。

美白内服セット

美白点滴を美容クリニックで受けるには通院が必要です。
通院が面倒、、、
そのようなおなたにはおすすめです。
種類もいろいろありますので、また次の機会にお話しましょう。

写真を見たい!

どうぞこちらをクリックして下さい。

シミ治療で気をつけることは?

シミの天敵は紫外線です。
紫外線予防をしっかりしましょう。
飲む日焼け止めだけでは効果は不十分なことが多いです。
しっかり日傘や日焼け止め、帽子やサングラスなどを使用しましょう。

レーザーを行った後はテーピングをするクリニックが多いです。
これは紫外線予防と、レーザー後シミが一時的に悪化しシミが濃くなるのを隠すためです。

テープをこまめにはがすと刺激で良くないので極力貼りっぱなしがいいです。

汚れてはがすときはワセリンなどを十分にぬり、上からラップをすると20分後するっと剥がれます。
おすすめです。

シミ治療後のよくあるトラブル

まだシミが残っている、、、

シミはその深さによってはしぶとく生き残ります。
再度同じシミ治療を行うか、様々なシミ治療を組み合わせる必要があります。

シミが濃くなった!!

シミ取り治療中、刺激のため炎症後色素沈着が起きることがあります。
1次的なものですあまり心配はいらないですが、良くなるまではかなり個人差があります。
3ヶ月~半年、場合によっては1年くらいかかって良くなることもあります。

シミが薄くならない、、、

治療をしてもシミが薄くならないこともまれにあります。
違うシミ治療に変える必要があります。

赤くかぶれた!!

シミ取りクリームを使うと赤みが強く出ることがあります。
心配はいらないです。
赤みが落ち着くまで塗るのをやめ、赤みが治ったらまた再開してください。

施術までの流れを知りたい!

具体的な施術までの流れはクリニックによって様々ですが、おおむねの流れは大体一緒です。
ここでは湯田眼科美容クリニックを例にしてご紹介致します。

こちらをクリックして下さい。

シミ治療後のアフターフォローは??

美容クリニックのほとんどがシミ治療を一度したら後はアフターフォローはありません。
湯田眼科美容クリニックでは1ヶ月ごとの診察をさせて頂き、随時必要なアドバイス、お薬をご案内しております。