スマートフォン版を表示

2019/11/15

本当は怖い鼻中隔延長手術、、、知っておくべき全リスク。

鼻を劇的に変化させる鼻中隔延長手術。
この手術、全国でやったことを後悔している方は少なくありません、、、。

鼻中隔延長手術をしたけど、、、こんなはずじゃ、、、
やらなければ良かった(泣)、、、
そんなリスクは聞いてない!聞いてたならやらなかった!
手術する前のリスク説明は全然なかった!!

ほとんどの美容クリニックでリスク説明がなされていない現状があります。
そこで、今回のコラムでは、鼻中隔延長をする前に知っておくべきリスクについて、口コミなどでは得られない情報を、プロならではの視点から詳しくお話し致します。

1.はじめに。

美容整形は決して魔法ではありません。
美容整形手術をしても、お客様のご希望通りにはならず
手術をしなければ良かったとお思いのお客様が全国には数多くいらっしゃいます、、、

どんな整形手術にもリスクがあります。
通常の美容外科ドクターは起こりうるリスクを説明します。

失敗が今までないということは経験が浅いということです。
もしくは失敗したお客様に真摯に向き合わないドクターです。

そのようなドクターの場合、お客様の多くは他院に行かれるので
失敗していることに気づかないのでしょう。

今回は
本当は怖い美容整形、、、鼻中隔延長手術編です。

2.エピソード1

25歳のC子さんは外人のようなすらっとした鼻先に憧れを抱いてました。

海外旅行をするたびに、すれ違う外人女性のスラっとした鼻をみては
「うらやましい、、、私もこんな鼻になりたい、、、」

鼻の整形をしたい!!
意を決して、鼻の手術で有名な美容クリニックを訪れます。

美容外科ドクターから提案されたのは「鼻中隔延長手術」
「大丈夫!綺麗になるよ!」
と耳に心地良いセリフを言われ、もうすっかりその気です。

術後1年
スラっとした鼻になりたかったのに。。。

明らかに不自然な魔女鼻、、、

こんなはずじゃなかった、、、

(注:上記C子さんは架空の人物です。)

3.鼻中隔延長手術のこんなはずじゃなかった、、、リスク一覧

鼻中隔延長手術のこんなはずじゃなかったリスク一覧(お客様がお困りの順に掲載)

1位:鼻先が不自然(魔女のような鼻、矢印鼻)
2位:鼻が曲がってくる(5年後、10年後)
3位:鼻先が動かず、硬い(手術直後より)
4位:修正手術地獄にはまってしまった。
5位:鼻の穴の中がぽこっと膨らんでいる
6位:鼻づまりがひどくなった
7位:呼吸がしづらくなった
8位:鼻が太くなった
9位:小鼻のカーブがきつくなった
10位:手術後、ばい菌がはいり、鼻が溶けてぐちゃぐちゃになった。
11位:鼻の粘膜に穴があいてしまった。

これは全て起こりうることです
もちろん対処法もあります。

鼻中隔延長手術といってもやり方は様々です。