スマートフォン版を表示

2018/10/29

はやり目 流行性角結膜炎(EKC)とは??

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

EKCとはepidemic keratoconjunctivitisの略語で、流行性角結膜炎のことです。
ここでは流行性角結膜炎について詳しくご紹介致します。

A.原因

ウイルスが目の粘膜(結膜けつまく)に感染してしまう病気です。
ウイルスの名前は「アデノウイルス」というものです。

B.症状

いわゆる「はやり目」です。
感染してから1週間~2週間で症状が現れます。

1.乳幼児の場合

瞼の裏の粘膜(瞼結膜)に白色の模様ができることが多くあります。
これを偽膜性結膜炎(ぎまくせいけつまくえん) と言います。
他にも、まぶたの腫れ、粘膜のむくみ、目が真っ赤、にごるなどです。
熱がでたり、風邪の症状もあります。

2.年長次・成人の場合

まぶたのむくみ、結膜の充血、まぶたの裏の奥のほうにつぶつぶができたり、耳の前のリンパ節が腫れたり、押すと痛かったりします。
涙目、光がまぶしく感じたり、ゴロゴロ感もでます。
2~3週間で結膜炎は落ち着きますが、角膜(黒目の表面)に点々と炎症が起き、濁ります(点状表層角結膜炎)。
ひどい場合は視力も低下します。
この症状がでると、数ヶ月~1年にも長引くことがあります。

C.治療

残念ながら特効薬は存在しません。
ただし、免疫力が落ちて、ばい菌がさらに感染するのを防ぐために抗生剤点眼を行います。
炎症を抑えるためにも、ステロイド点眼薬を使用します。
伝染力が非常に強力なため、予防が一番大切になります。
予防には、手をよく洗うことが大事です。