スマートフォン版を表示

2019/11/01

湯田先生が美容外科医になったきっかけを教えてください!

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

~美容外科をめざしたきっかけについて~

 

記者 美容外科医になったきっかけについて教えてください。

 

湯田 美容外科医になる前は形成外科という診療科をやっておりました。

実はこの形成外科の中に、美容外科が含まれております。

 

形成外科というのは、頭の先からつま先まで「形を整える」診療科になります。

そのうちの一つが美容外科でして

まず5年間美容外科を含んだ様々なトレーニングを積みました。

そして専門医試験に合格したのち形成外科専門医を取得しまして

私は形成外科の1分野である「美容外科」を自分の専門に選びました。

 

記者 自分の専門は自分で決めることができるのですね。

 

湯田そうなんですよ。

 

記者 なぜ美容外科を選択されたのですか?

 

湯田 はい。形成外科のお客様を診療していく上で、多くのお客様から

「鼻を高くしたい!」

「二重にして目をパッチリしたい!!」とご希望される方が結構いらっしゃいまして

 

手術した後ですね、

「湯田先生!!綺麗にしてくださってありがとうございます!!!」

と喜びの声をたくさん頂くと同時にお客様の笑顔が増え、

そのときの喜びと感動は美容外科でしか得られないものだと感じまして

私は美容外科を専門として決めました。

 

記者 最後に、美容外科をやる上で大事にされていることを教えてください。

 

湯田 私は他院修正にも力を入れておりまして

結構あるのが5年10年して形が崩れ、やらなきゃよかった…

とお悩みのお客様が結構いらっしゃいます。

私はそのようなことがないように5年10年しても安全で安心で信頼のある美容整形手術を心掛けております。

 

記者 ありがとうございました。