スマートフォン版を表示

2023/06/23

眼瞼下垂の過矯正(びっくり目)の修正手術【美容外科医湯田講座】

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール



眼瞼下垂手術後のびっくり目を治したいあなた
「眼瞼下垂手術をしたいけどびっくり目になった(泣)治したい(泣)。。。」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういったお悩みに答えます。

この記事は、こんな悩みをもつあなたに向けて
「眼瞼下垂手術後のびっくり目を治したい」

上記でお悩みのあなたは、この記事を読めば悩みが解決することでしょう。

本記事のテーマ
「眼瞼下垂の過矯正(びっくり目)の修正手術【美容外科医湯田講座】」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
国内医学雑誌特集号にも「まぶたの美容整形手術について」執筆している専門家です。
眼瞼下垂に関しては専門家です。
(著者プロフィールへ)

眼瞼下垂の過矯正(びっくり目)の修正手術【美容外科医湯田講座】



眼瞼下垂の過矯正(びっくり目)の修正手術【美容外科医湯田講座】

上記の写真が治療後の写真になります。
眼瞼下垂の過矯正(びっくり目)は手術で直すことができます。

理由は
眼瞼下垂手術後の過矯正(びっくり目)はまぶたを持ち上げる筋肉の
眼瞼挙筋あるいはミューラー筋が前の方に行き過ぎていることが原因なので
原因となっている筋肉を後ろにずらしてあげることで治すことができるからです。

実際
写真の方も、眼瞼挙筋とミューラー筋が前にきすぎてしまっていました。
手術によって両方の筋肉を後ろにずらすことで
びっくり目の治療をしました。

確かに、眼瞼下垂手術後の過矯正(びっくり目)を治すのは非常に難しい手術です。
まぶたが下がりすぎてしまったり、あるいは完全にはびっくり目が治らないことも非常にまれに起こりえます。

ですが、基本的には再手術によって
眼瞼下垂手術後の過矯正(びっくり目)は治すことができるのです。

眼瞼下垂の過矯正の症例

眼瞼下垂の過矯正の症例です。
びっくり目ほどではないですが
他院様で眼瞼下垂手術後、左目の過矯正を認めます。
左右差を改善したい、ということで私が手術致しました。

リスク:まぶたが下がりすぎることがある。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる公式 湯田ちゃんねる