スマートフォン版を表示

2018/07/10

「綱引きの原理」とは??【美容外科医ドクター湯田が答える】自然な二重をつくる方法。


 
二重切開をしたいとお悩みのあなたに現役の美容外科医であるドクター湯田がお答えしていきます。
 
「湯田美容クリニックで二重切開をしました。とても自然な仕上がりで感動したのですが、よそのやり方と違うのですか??」
というご質問をよく頂戴します。
 
二重切開といってもいろいろなやり方があります。
本日は「綱引きの原理」を解説していこうと思います。
 
トップの画像は綱引きの写真です。
綱引きをしている間に、中央の赤いところはどんどん移動していきますよね??
 
では次にこちらをご覧下さい。

 
赤いところは引っ張っても引っ張っても動きませんよね??
これが「綱引きの原理」です。
 
美容外科の手術は、自然に動かしたい場合は柔らかいものに柔らかいものを固定します。
(二重の手術は、挙筋腱膜と皮膚)
逆に、動かしたくない場合は、動かないものに柔らかいものを固定するのです。
(二重の手術は、まぶたの芯(瞼板)と皮膚)

 
自然な二重ラインをつくるには、目を開けたときに動きやすくするため、やわらかいもの同士をつなげると自然な二重が出来上がります。
 
さらに詳しく知りたい方はカウンセリングでお問合せ下さい。

カウンセリングのご予約はこちら