スマートフォン版を表示

2020/01/04

顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法(詳しく解説)


顔のたるみが心配なあなた「顔のたるみを治したいけど、美容外科・美容皮膚科でどんな治療方法があるのか詳しく知りたい。」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ
「顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法(詳しく解説)」

記事の信頼性
記事を書いている私は、美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、美容整形国際学会でも受賞歴があります。
顔のたるみ治療は、手術からリフトアップレーザーまで日常的に診療しています。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
顔のたるみ治療について知りたいあなたは、この記事を読めば「顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法」が分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

目次

  • 1.顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法(詳しく解説)
    • 1-1.顔のたるみをリフトアップレーザーで治す
    • 1-2.顔のたるみを注射で治す
    • 1-3.顔のたるみを糸リフト(スレッドリフト)で治す
    • 1-4.顔のたるみを手術(フェイスリフト)で治す
  • 2.顔のたるみを気軽に治したい方はハイフとRFがおすすめです。
  • 3.顔のたるみを劇的に治したい方は全ての治療をやるのが良いです。

1.顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法(詳しく解説)

顔のたるみを美容外科・美容皮膚科で治す方法について詳しく解説します。
いきなり大事なことをお伝えしますが、一番の私のおすすめは
「最新のモノポーラーRF」になります。
理由は、顔のたるみががっつり改善でき、また気軽にできるからです。

それではひとつずつ見ていきましょう。

1-1.顔のたるみをリフトアップレーザーで治す

顔のたるみをリフトアップレーザーで治すことができます。
リフトアップレーザーは皮膚及び皮膚の下の組織に熱を加え、熱収縮によるリフトアップ効果と、2次的なコラーゲン増生作用による皮膚のハリ
この2つの作用で顔のたるみを治すことができます。
いろいろなリフトアップレーザーがありますが、「最新のモノポーラーRF」が一番効果が大きいです。
今までは「ハイフ」というリフトアップーレーザーが良かったのですが、「最新のモノポーラーRF」はハイフを完全に超えました。
ただし一番のおすすめは、この2つの組み合わせるのがよいでしょう。

1-2.顔のたるみを注射で治す

顔のたるみを注射で治すことができます。
脂肪を溶かす注射と、ヒアルロン酸などのふっくらさせる注射
この2つがあります。
ただしやりすぎは禁物です。
脂肪が溶けすぎると小じわが増えます。
ヒアルロン酸などでふっくらさせすぎると、逆に垂れ下がってきてしまいます。
ほどほどがよいでしょう。

1-3.顔のたるみを糸リフト(スレッドリフト)で治す

顔のたるみを糸リフト(スレッドリフト)で治すことができます。
溶ける糸や溶けない糸を髪の毛の生え際から挿入して、物理的に引き上げます。
引き上げすぎると、不自然になったり、痛みがでたりしますので、ほどほどにしましょう。

1-4.顔のたるみを手術(フェイスリフト)で治す

顔のたるみを手術(フェイスリフト)で治すことができます。
たるんでしまった筋肉や、皮膚を切り取ったり、縫い縮めます。
他の施術に比べ内出血のリスクが高く、ダウンタイムが長いです。

2.顔のたるみを気軽に治したい方は最新のモノポーラーRFとハイフがおすすめです。

顔のたるみを気軽に治したい方は最新のモノポーラーRFとハイフがおすすめです。
こちらに関しては詳しく別の記事で紹介しておりますのでこちらをごらんください。
顔のたるみを気軽に治すなら最新モノポーラーRFとハイフ

3.顔のたるみを劇的に治したい方は全ての治療をやるのが良いです。

顔のたるみを劇的に治したい方は全ての治療をやるのが良いです。
理由は、一番劇的に効果があるのは手術ですが、年とともにまた垂れ下がってくるからです。
顔のたるみをとめることはできないので、日ごろのケアが必要になります。
そのため、手術をした後も「糸リフト」や「リフトアップレーザー」を定期的に行う必要があります。
場合によっては5年後10年後には、再度、手術が必要になります。


今回の記事は以上になります。

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる