スマートフォン版を表示

2020/01/01

顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操より最新モノポーラーRFとハイフ


顔のたるみを治したいあなた「顔のたるみが気になる…美顔器とか、たるみマッサージとかいろいろ試したけど効果があるのか分からない…もっといい治し方を知りたい。」

今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターユダが、こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ
「顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操より最新モノポーラーRFとハイフ」

記事の信頼性
この記事を書いている私は、顔のたるみ治療を日常的におこなっている美容外科医です。
自分の顔のたるみも30歳ころから気になり始め、たるみマッサージや美顔器を自分でも試しました。
また顔のたるみ手術(フェイスリフトや糸リフト)、リフトアップレーザー(ハイフやRF)は、日常的にお客様に施術しております。
(著者プロフィールへ)

読者さまへのメッセージ
顔のたるみを治したいあなたは、この記事を読めば「顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操よりハイフとRF」と分かります。

それでは詳細について見ていきましょう。

目次

  • 1.顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操より最新モノポーラーRFとハイフ
  • 2.顔のたるみを治すには、美顔器やホームケアより美容医療が効果あり。
  • 3.顔のたるみを美容医療で治すには、手術・糸・リフトアップレーザーの3つ
  • 4.リフトアップレーザーの中で顔のたるみを治すなら最新モノポーラーRFとハイフ
  • 5.顔のたるみを気軽に治したい方は最新モノポーラーRFとハイフがおすすめです

1.顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操より最新モノポーラーRFとハイフ

顔のたるみを治したい方は、最新のモノポーラーRF(高周波・ラジオ波)とハイフがおすすめです。
理由は、簡単に気軽にフェイスアップできるからです。

顔のたるみを治すには、医療の力と、医療でない力の2つに頼る必要があります。
医療でない力は、「マッサージ」「美顔器」「顔筋トレ」「顔体操」などです。
医療の力は、「手術(フェイスリフト)」「糸リフト」「リフトアップレーザー(フェイスアップ医療機器)」に分けることができます。

医療でない力より、医療の力の方が効果は当然あるのはお分かりいただけると思います。

医療の力のうち、最新モノポーラーRFとハイフは「リフトアップレーザー」の1つの種類です。
フェイスアップレーザーにはたくさんの種類があります。
原理原則は、皮膚および皮膚の下のコラーゲンや脂肪、線維組織(せんいそしき)に熱を加えることで、熱収縮によるリフトアップ効果と、2次的に起こるコラーゲンの増生による、皮膚のハリと弾力を増やしてリフトアップする、この2つの効果でリフトアップを起こさせます。

「手術」はこわいし、腫れます。
ダウンタイム(施術してから人前に出ても大丈夫な時間)も長いです。
「糸リフト」は、顔に溶ける、または溶けない糸を入れてリフトアップさせる治療ですが、気軽に行えるとは言い難いです。
「リフトアップレーザー」はとても気軽に、ダウンタイムなく受けることができます。

最新モノポーラーRFとハイフは「フェイスアップレーザー」のなかでも非常に強力なリフトアップ効果があります。
RFには2種類あり、モノポーラーとバイポーラーがあります。
モノポーラーRFの方が遥かに強力な効果があります。
また最新のモノポーラーRFは従来の治療機器より効果が格段にすぐれています。
ひとつは冷却機能の向上により、皮膚表面を冷やすことでより高い熱を皮膚の下に伝えることができるようになっているからです。
二つ目は、RF機能の向上によります。

リフトアップレーザーは、確かに、「手術」や「糸リフト」に比べると、1か月以内での引きあがり方は、やや劣るものがあります。
しかし、最新のモノポーラーRFに関しては、勝るとも劣らないほどの効果があります。
また、手術や糸リフトをしても、年々たるみは出てきてしまい、再度やる必要があります。
リフトアップレーザーはそれに比べると、非常に気軽に受けることができます。

実際、私自身も「手術」や「糸リフト」には自分にやるのは抵抗があり
最新モノポーラーRFとハイフは定期的に自分に施術しています。

年齢よりも顔のたるみは少ない自信もありますし、カウンセリングでもよくお客様に
「年齢より若く見える!!」
と言われることが多いです。

顔のたるみを治すにはマッサージ・筋トレ・体操より最新モノポーラーRFとハイフがおすすめです。

2.顔のたるみを治すには、美顔器やホームケアより美容医療が効果あり。

顔のたるみは、美顔器やホームケアより美容医療の方が効果があります。
理由は、医療並みの治療は美顔器やホームケアでは禁止されているからです。
美顔器やホームケアが医療並みの力があれば、その驚異的な力は、しっかりとした知識で扱わないと危険です。
それに伴う副作用も強いことが多いからです。
効果が強力な美容行為は、日本では医師のみしか許可されません。

私自身、30歳を超えるころから、顔のたるみが気になり始め
「顔のマッサージ」「顔の筋トレ」「美顔器」を試しました。
どれも悪くはありませんが
「医療行為に勝るものは無し」でした。

顔のたるみは、美顔器やホームケアより美容医療の方が効果ありです。

3.顔のたるみを美容医療で治すには、手術・糸・フェイスアップレーザーの3つ

顔のたるみを美容医療で治すには、手術・糸・リフトアップレーザーの3つです。
手術は、フェイスリフトとよばれています。
糸は、溶ける糸、または溶けない糸を顔に入れ、強制的にリフトアップさせる治療です。
リフトアップレーザーは、皮膚または皮膚の下のコラーゲンや脂肪、線維組織(せんいそしき)に熱を加えることで、熱収縮と、2次的に起こるコラーゲンの増生効果で皮膚にハリと弾力をもたらす作用でリフトアップさせます。

4.リフトアップレーザーの中で顔のたるみを治すならハイフとRF

リフトアップレーザーの中で一番効果があるのはハイフとRFです。
皮膚または皮膚の下に加わる熱量が、他のリフトアップレーザーに比べ、はるかに大きいからです。
私自身、施術直後からリフトアップ効果を感じます。

ほかにも多くのリフトアップレーザーがあり、効果の大きいものもたしかにあります。
ですが、ほぼすべての美容医療機器を試したましたが、
ハイフとRFに軍配があがりました。

リフトアップレーザーの中で一番効果があるのはハイフとRFです。

5.顔のたるみを気軽に治したい方は最新モノポーラーRFとハイフがおすすめです

顔のたるみを気軽にケアしたい方はやっぱり最新モノポーラーRFとハイフです。
効果も強大で、とても簡単に気軽に顔のたるみを治せるからです。
美容外科医でハイフとRFを受けていないドクターは私の周りには一人もいません。(美意識が高いドクター限定)
確かに、手術や糸リフトには1か月以内の効果は劣りますが
繰り返し治療を受けることで、手術や糸リフト並みの効果も期待できますし、また気軽に受けられるところが最大のメリットです。


今回の記事は以上になります。
ハイフについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
ハイフHIFUについて詳しく解説した記事

他にも、二重整形に関する有益な情報を美容コラムやyoutubeでもご紹介していますので
良かったら見てみてください。

公式 湯田ちゃねる