スマートフォン版を表示

2019/03/07

リフトアップレーザーや糸リフトについて美容外科医が解説。

湯田眼科美容クリニックの第二回インスタグラムライブでおこなわれた内容を解説致します。

お客様から糸リフトやリフトアップレーザーについて解説してほしいとのお声がありました。

はたしてどれがいいのか??
正直にいうと正解はありません。
個人によって異なるからです。

ただし
リフトアップレーザーは本当に気軽にできます。
仕事終わりに気軽にやったり
お昼休憩に気軽にやったり
旅行途中に気軽にやったり
ダウンタイムがありません。

一方糸リフトは麻酔を使用するので腫れたりします。
気軽にはできません。
またばい菌がはいったりするリスクがあります。

美容外科医でも糸リフトを自分自身にやる先生は少数派です。
それにくらべリフトアップレーザーはほぼ全ての美容外科医がやっているといっても過言ではありません。

リフトアップレーザーにもいろいろありますが私が一番におすすめするのは
ウルセラやウルトラリフトなどで知られる「ハイフ」とサーマクールやサールリフトフェイスの「高周波(ラジオ波)」の組み合わせが最強コンボになります。
ハイフはその特性上、3ヶ月~半年に一回しか照射できませんが(出力やお肌の状態によります)、サーマルリフトフェイスは諸説ありますが、1ヶ月空ければよいと私は考えています。

気軽にリフトアップしたいあなたにはこの最強コンボをお勧めいたします。

糸リフトは効果はありますが気軽にはできないこと
また毎年入れ続けなければいけないこと
皮膚がかたくなったり
リスクがあります。

形成外科専門医
湯田眼科美容クリニック院長
医療法人社団 湯田医院 理事 湯田竜司