スマートフォン版を表示

2019/11/01

二重切開のときに当院で痛みがほとんどなく、ダウンタイムが短い理由「豆腐メソッド」とは??

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重切開のときに当院で痛みがほとんどなく、ダウンタイムが短い理由「豆腐メソッド」とは??

「インスタグラムなどいつも見ています。
二重切開の写真なのですが、他院に比べてあまり腫れていないように思えるのですが何故ですか??」

というお声をよく頂戴します。

当院の二重切開は痛みがほとんどなく、腫れの期間も短いと評判です。
理由はいろいろありますが、そのうちの一つには
「豆腐メソッド」と私が勝手に命名した手術法を行っているからです。
まずはこちらをご覧下さい。
豆腐メソッド説明図1
豆腐は水分を含んで膨らんでいます。
さて、手術のときに、手術する場所がこれだけ膨れたらどうなるでしょうか??
答えは「手術のダメージが少なくなる」です。
分かりやすくハンマーで叩いてみます。
豆腐メソッド説明図2

いかがでしょうか??

膨れた豆腐はハンマーでたたいてもあまりダメージを負いません。
これぞ「豆腐メソッド」と「ハンマー理論」
このように手術のときは麻酔をたっぷり使い、まぶたを膨らませるのです。
この手法を医学用語で「チュメッセン法」と言います。
麻酔をたっぷり使うことで手術のときに痛みを感じることはまずありません。

以上の内容を専門的に言い換えますと
「まぶたにもチュメッセント法が応用でき、多用性がある」といいます。
(豆腐理論とハンマー理論はとてもいい方法です、と言い換えることができます。)

最近の主流としては麻酔は極限まで少なく注射すべしとお考えの先生もいらっしゃいます。
私も以前はそのように手術を行っていました。
しかしながら明らかに、手術の際にお客様が痛がる確率が高かったのです。
また確かに、麻酔の量が少ないと手術直後の腫れも少ないです。
しかしながら術後の腫れは豆腐メソッドより遥かに長引きました。
なぜか??
答えは「ハンマー理論」ですね。

正確な手術のためには麻酔の量を極力減らして、手術のときの腫れを少なくすべしとお考えのドクターもいるとは思います。
しかしながら、術後結果に私の場合は優位性はありませんでした。