スマートフォン版を表示

2019/11/01

二重切開のコツ2。「水風船の定理」とは??【新人ドクターに美容外科医ドクター湯田が教える】

ドクター湯田

執筆・監修医師 湯田竜司

湯田眼科美容クリニック院長 湯田竜司の「湯田先生の相談室」にようこそ。美容整形をお考えのあなたのお力になれますよう、今までのお客様からのお悩みにできる限りお答えします。参考になれば幸いです。

著者プロフィール

二重切開のコツ2。「水風船の定理」とは??【新人ドクターに美容外科医ドクター湯田が教える】

二重切開をこれから習得しようとしている新人ドクターから頂くご質問に現役の美容外科医であるドクター湯田がお答えしていきます。

「まぶたは柔らかいので、切開がなかなか上手くできません。どうしたらいいですか2??」
というご質問をよく頂戴します。

200症例も経験すれば慣れてくるものですが、わずかな症例数でも手術が上達するコツがあります。
トップ画像の風船。
ちょっと刺したら「パンッ!!」ってなりそうですよね?
これを利用します。
しおれたままの風船はなかなかはじけないですが、パンパンに膨らんでいればちょっとの刺激でさけていきます。
もうお分かりですね?
そうです。
「豆腐メソッド」でまぶたをパンパンにしておけば「スッ」と切れるわけです。
これが「水風船の定理」
なれないうちはこの「水風船の定理」「豆腐メソッド」「柔らかい布理論」「半自動システム」を組み合わせれば二重切開はどんどん上達していきます。

以上の内容を医学的に言い換えますと
「切開したい対象を局所注射で膨張させることで切開を容易にすることができる」といいます。